【みんなのワークライフバランス】 ワークライフバランス推進情報ポータルサイト

特集 【「ヒラメキ工房へ行ってきました!」】

「ヒラメキ工房へ行ってきました!」

あなたは最近、

仕事で行き詰ってアイデアが出てこない…

柔軟な発想が出てこない…

こんなことはありませんか?そんなあなたに

日々の業務で凝り固まった頭が柔らかくなる!

今回はそんな記事をお届けします。

みんなのワークライフバランス取材班は東京都墨田区にある「有限会社ヒラメキ工房」さんの
直営店である「発明家ショップ トキメキ」さんにお邪魔してきました。
吾妻橋を渡った先にあるこちらには、思わず子供心が大爆発してしまう懐かしさ漂うゲームの数々!
しかもこれらが全て「ヒラメキ」を鍛える要素が盛り沢山の発明品なのです!

今回、取材をさせて頂いたのは笑顔のとても素敵な「有限会社ヒラメキ工房」代表の関場 純さん。(写真左)
25年近く対面式ゲームの開発と販売をしているそうで、子供達はもちろん大人も楽しめる

「ルールは簡単、それでいて頭を使い、勝負の意外性がある」

ヒラメキゲームを沢山紹介して頂きました。

伺った取材班の2名(取材班と言っても弊社社長+営業ですが)が思わず時間を忘れて遊び…いや、
取材に夢中になってしまったヒラメキゲームの一部をご覧下さい!

【グーチョキパーゲーム】
一見、将棋に見えるこのゲームはグーチョキパーが各3枚と王様を使って駒を取り合うゲームです。
お互い好きな駒を好きな場所に1枚ずつ同時においていき、あとはジャンケンルールで同じ駒が3枚か王様を取られたら終了。
最初に置く駒の配置だけでも何千通りもあるそうで、シンプルながら奥の深いゲームでした!
社長と2人で「あ!何であそこに置いたんだ!?」とか「ふふっ…勝負あったんじゃないスか?」と盛り上がりました(笑

【遊宝(ゆうほう)】
お次は円形のオセロ「遊宝」!通常のオセロと違って角が無く挟めるのは盤に刻まれたライン上のみ!
ここまでは「あ〜なるほどね」というトコロでしょうけど、ここからがポイントで
「円を一度に全て一色にひっくり返したらもう1枚置ける」
というオリジナルルールがあるのです。しかも石の数はオセロの半分。これはかなり頭を使いました!
関場さんも隣で「あ〜、そこ置いちゃったか〜」と子供の相手をするように笑顔で我々を見守ってくれてました。


そんなこんなですっかり遊び…もとい取材に没頭した所で関場さんに色々お話を伺いました。


関場「今、世の中はデジタルのゲームばかりで子供も大人も交流や会話が減ってしまっている。何よりも子供達のマナーが低下してしまっているのは良くないと思うんです」

みんバラ「確かに携帯ゲームだと会話をしませんしね」

関場「このヒラメキゲームの良い所はルールを守るって所なんですよ。リーチとかちゃんと宣言する、始まる前にはよろしくお願いします。終ったらありがとうございましたってね」
「あとは子供でも大人に勝てちゃうんだよ。こういうゲームはよく大人が手を抜くけどゲームだからって大人がわざと負けちゃいけない。でも、大人が本気でやってても子供に負ける事があるのが良い所だね」

みんバラ「大人2人でここまで盛り上がりましたもんね、子供と遊んでも本気になりそうです」


今回紹介したゲーム以外にも沢山あって、海外向けに英語訳されていたりもします。
関場さんは学校や地域センターでヒラメキゲームを子供達やお年寄りなど幅広く広めているそうです。
テレビの取材なども来るそうで、
会話と笑顔が沢山生まれる素敵なゲームをもっと多くの人に届ける為に活動なさってます。

今回、紹介したヒラメキゲームは知育や親子のコミュニケーションに繋がりますね!
オフィスに1つ置いておけば、社内のコミュニケーションや頭の体操にもなるので、
コミュニケーション促進とヒラメキ力アップで仕事にも活かせる事間違い無し!
考える力とひらめく力、マナーとコミュニケーションを育てる「ヒラメキゲーム」をぜひ体験してみましょう。

有限会社ヒラメキ工房 (直営販売店:発明家ショップ トキメキ)
〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-14-7
代表:関場 純
e-mail:info@hirameki.co.jpURL:http://www.hirameki.co.jp